1. ホーム
  2. 仕事のこと
  3. ≫幼稚園教諭の仕事の内容

幼稚園教諭の仕事の内容

元気いっぱいに走り回る子供たちをみていると、自然とこちらも笑顔がこぼれてきてしまいます。小さな子供たちをしっかり教育することに携わるお仕事がしたい、そういったお考えがあって幼稚園教諭のお仕事をご希望されている方も多いことでしょう。 幼稚園教諭を目指されているのでしたら、免許を取得したうえで採用試験に受からなくてはなりません。それでは幼稚園教諭の仕事内容についてみていきましょう。

幼稚園教諭のお仕事とは何か

幼稚園教諭は3歳から小学校に上がるまでの間、子供たちを預かって教育していくお仕事です。幼稚園とは、保育園と違って子供を預かる福祉の施設ではありませんので、文部科学省が管轄する学校の一つと言えます。ですからただ子供たちを時間まで預かるだけではなくて、教育要領にのっとりながら、運動や遊びなどを通じて子供たちをしっかりと教育して心身ともに成長させていかねばなりません。ですから幼稚園教諭になるためには、ただ子供が好きというだけではなくて、子供たちと一緒に楽しみながら色々な創意工夫をこらして、子供たちをいかに成長させていけるかという、学びに対する意欲がある方が適任だと言えるでしょう。また同時に子供たちと向き合っていくためには、体力や健康、積極性なども必要になってきます。

幼稚園教諭の1日の業務内容について

園の大きさや方針について多少異なっているでしょうが、早朝保育を行っている園の場合でしたら6時台には出勤して、園の周りや教室の清掃や片付けをして、お子さんやお母さん方を迎え入れる準備から始めます。遊び場所には危ないものなどが落ちてないかなど気を配る必要もあります。子供たちが登園してきたら、クラスごとにお名前を読んであげてからお返事をさせて、子供たちの健康が異常がないかも見てあげるとよいでしょう。遊びの時間には、みんなで歌を歌ったり、スライドショーを見たり、庭ではかけっこや鬼ごっこ、お遊戯などをして遊びます。季節によって様々な行事が用意されている園もあります。12時になるとみんなでお昼を食べます。昼食時には、みんなで机椅子出しなどをして食事時のマナーを指導しなければなりません。1時から2時前には子供たちが降園しますので、お迎えの方に子供たちを引き渡すまで責任を持ってお預かりしなければなりません。 幼稚園教諭の仕事はこれだけでは終わらず、園の清掃も行いながらクラスの出来事や反省会などの会議を行います。季節の催し物などの打ち合わせもしなくてはなりません。