1. ホーム
  2. ≫保育士・幼稚園教諭の転職について

保育士・幼稚園教諭の転職について

保育士や幼稚園教諭の業務は、子どもたちの教育やお世話だけでなく、様々な書類の作成、掃除、保護者対応など、多岐にわたり非常にハードなお仕事です。ただ、忙しくてつらい分、労働条件が少しくらい良く無くとも、子どもを育てるというやりがいのある仕事です。
それでも、人間関係に悩み、給料や有休休暇が取りにくいと、業務が多岐に渡っていて忙しすぎる不満、結婚などのライフスタイルの変化、園の方針に疑問を感じるなど、やめて転職したいという気持ちになるかと思います。
そのため、転職先を現職と全く違う業種を選ぶのも、転職を成功させる一つの方法でもありますけど、園児たちの教育ためにと思い志望した職業を志半ばで、辞めてしまうのは非常に勿体ないことです。
そこで、現職と同じ業種の転職を成功させるいくつかの注意点をご紹介していきます。

自分のライフスタイルに合った転職先を見つけること

仕事を選ぶときに大事なことは、まず自分のライフスタイルにマッチした働き先を見つけることです。
まず、なぜ転職を考えているのか、辞めたいと思っている理由をはっきりさせることが転職活動では重要になります。
例えば、給与に不満があるなら年収がアップする職場、人間関係に不具合があるなら職場の雰囲気が良いところ、またプライベートも充実させたいのであれば残業が少ない職場を探さなければなりません。それには、転職先の情報収集を怠ってはいけません。
これらの情報を園のホームページを閲覧して、待遇面や職場の雰囲気などを確認してみましょう。それだけではなく、ホームページに常に求人を出している場合は、その園は離職率が高いのかもしれません。待遇や人間関係、職場環境に問題があるなど、離職率が高くなる原因は色々とありますので、注意深くサイトを見ましょう。

失敗しない転職のために

「こんなはずじゃなかった…」という失敗しない転職にするためには、ならないように情報収集は丹念に行うことが必要です。そのためには、園のホームページで収集するのもいいのですが、客観的な評価を読み込める転職サイト等で情報収集をすることも大切です。
転職先として、自分にマッチする園を見つけるためにも様々な園の比較を情報サイトでチェックしてみることも、是非してみてください。